スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

招き猫家の珈琲袋ができました!

昨日は珈琲袋の裏面のラベルを作りましたが、
今日は表面を作ります!


デザインはすでにロゴを作成する際に
パッケージデザインも兼用したものとして考えていたため、
先日考えた「招き猫家のロゴ」を利用します。


はじめはプリンターで印刷する事を考えていましたが、
チャック付の珈琲袋を選んだため、プリンターを使えなくなりました。
そこで、「消しゴムはんこ」を手作りすることにしました。

まともな「消しゴムはんこ」なんて作ったことはないけれど、
意外にこういう手作りが好きなので、挑戦!


はん消し

こんな感じに、この古いデザインカッター1本で彫っています。


珈琲袋 表デザイン-1

出来上がりです。
色はクラシックカラーのインクパッドを使用。

手作り感満載でしょ(笑)


珈琲袋 表デザイン-2

3色くらいあった方がイイかもと思い、
クラフト紙に合いそうな3色で用意してみました。


これで、珈琲袋の表裏完成です。



チョコマネージャーの表裏♪

チョコ20120831
スポンサーサイト

珈琲袋につける表示必要項目のラベルを作成

珈琲豆のネット販売の準備が整いつつあります。
そろそろ「食品衛生法上の表示」等を記載したラベルの作成もしなければ!
販売時に使用する珈琲袋の裏面に付けます。

先日、珈琲袋は選びました。→これ


必要な表示は以前記事にしましたが、この9つ。(以前の記事→これ

 ・名称
 ・原材料名
 ・内容量
 ・賞味期限
 ・保存方法
 ・製造者
 ・生豆生産国名
 ・使用上の注意
 ・挽き方


とりあえず、一番めんどくさそうなドリップバッグ用のラベルを作成。

ラベル(DB用)

まだOPEN前なので、住所、URLの部分はボカシを入れました。

Excel派なのに、今回はWordの機能で使いたいものがあったため、
慣れないWordで作成したため、
これだけのことで驚くほどの時間がかかってしまいました(笑)


そして、珈琲袋の裏面に貼り付けて、こんな感じ。

ラベル付珈琲袋


あとドリップバッグ以外のラベルは、
右半分の「おいしい淹れ方」部分をカットすればほぼOK!


あとは珈琲袋の表側のデザインですが、実は今作成中です。
また次回♪


こうしてあくせくネットショップOPENに向け頑張ってるのに、
やっぱり、ち〜ち店長・・・

ち〜ち20120830-1

ち〜ち20120830-2

ち〜ち20120830-3

ち〜ち20120830-4

・・・・。

でも、この顔・・・(笑)

ブログの最新コメント欄の表示を変更

今日は全然珈琲とは関係ない話ですが、
このブログ(FC2ブログ)の「最新コメント」欄の表示が
すごく見にくくて、ずっと気になっていました。

なんかイイ表示方法に変えられないものかと、
ちょいと検索してみたら、
ありましたよ〜♪

「ツリー表示」というもの!


そして、これがビフォー・アフターです。

最新コメント欄のツリー表示

どうですか?
同じ内容なのに、この見やすさの違い!!!
感動です♪


※参考記事はこちらです。
 日南商工会議所による情報化支援ブログ
「FC2ブログ改造その2 最近のコメントをツリー表示に変更!」




見にくいと言えば、
最近のち〜ち店長・・・

ち〜ち20120829-1

こんな分かりにくいところで寝てるんですよ!


ち〜ち20120829-2

ほら、分かります?


ち〜ち20120829-3

ほら〜、ここですよ。


ち〜ち20120829-4

あ、起こしちゃいました!

挽き豆に混じるチャフの除去

珈琲豆を焙煎すると、薄皮が徐々にはがれていきます。
これが焙煎時に剥がれたチャフです。

チャフ


これが残っていると、珈琲を淹れたときの味が悪くなります。

チャフは焙煎時にほとんど剥がれますが、
珈琲豆の溝に入り込んでいる部分は、焙煎時には除去できません。
挽いて初めて現れます。

こんな感じ。

チャフ1

思ったよりたくさんのチャフ(薄皮)が残っていることが分かると思います。


この段階のチャフに関しては、除去していないお店も多いんですよ。


しかし、このチャフももちろん味に影響を与えるため、
できる限り取り除いた方が、澄んだ味になります。



そこで、この挽き豆に混じるチャフをどう除去するかですが、
よく使われる方法を2つ紹介します。

①チャフ部分が豆から分離される程度に粗く豆を挽いて、容器の中で振る!
 すると、軽いチャフが上に浮いてきます。
 それをすくい取り、再び適当なところまで挽き直す。

②普通に挽いた後、軽いチャフを吹き飛ばす。

どちらの方法も完全に取り除くことは出来ませんが、
やったものと、やらないものとでは全く違います。


除去後です。

チャフ2

この程度までですが、先ほどに比べるとかなり除去されています。


こうして手間暇を惜しまずに作った珈琲は、
やっぱり美味しいんですよね。


チョコマネージャーも、

チョコ20120828-2

しっかりブラッシングして、余分な抜け毛を取り除かないと、
毛並みが悪くなってしまいます。


チョコ20120828-1

念入りに、念入りに!


 ≫チャフ飛ばし
 ≫コーヒー豆の構造

希少な在来種100%のコロンビアコーヒーを焙煎

コロンビア産 「サン アグスティン」を焙煎。

現在コロンビアにあるコーヒーの樹は、全体の90%以上が多収穫品種であり、
在来種は10%以下と言われ、大変希少価値の高いものです。
「サン アグスチン」は、そのアラビゴ ティピカ種(在来種)100%です。

(この生豆の記事→興味深い生豆を購入


「サン アグスティン」は契約農家にアラビゴ ティピカ種だけを栽培し、
赤い完熟のチェリーだけを選別して収穫してもらうように頑固なまでに依頼し、
他の品種は一切混ぜられることはないそうです。

収穫後水洗処理が施され、ゆっくりと天日乾燥されています。


時代とともに、品種がどんどん複雑になってきているのに、
在来種だけ!とはほんと興味深いです。



変わらないモノといえば・・・

ち〜ち20120827-1

この犬小屋!
築25年なんですよ。

ち〜ち20120827-2

あ!気づかれた(笑)

先代のわんこのお気に入りの犬小屋。
いつの間にか、ち〜ち店長のお気に入りに!

ち〜ち20120827-3

ゴハン食べたり、


ち〜ち20120827-4

くつろいだり。
今では、ち〜ち店長に欠かせないお気に入りの場所です。

昔からあるモノ、
昔から変わらないモノって、
それだけで和みます。



焙煎しました。

フルシティロースト(焙煎8段階中6番目)を目指したけれど、
シティロースト(焙煎8段階中5番目)くらいになってしまいました。
 ★焙煎の基本8段階とは?→こちら

そのせいか、香りがちょっと弱くなってしまいましたが、
フルシティローストまで煎れていれば、
もっと芳醇な香りが期待出来た気がします。

でも、これはこれで、悪くない。

酸味は多少感じられますが、
まろやかな酸味で邪魔にならないです。

苦味は強め。
予定していたフルシティローストまで煎ったら、苦味は強くなりすぎたのかしら?
でも、甘味も強いので、大丈夫な気もします。

香り、酸味、苦味、コク、全てがとてもしっかりしていて、
なのに、まとまった味です。

ゆっくり珈琲を味わいたいときに向いていそうな珈琲です。


次回、フルシティローストまで焙煎してみます。
もっとイイ香りがしそうで楽しみです。


 興味深い生豆を購入

ち〜ち店長の寝相特集♪

今日は日曜日。
招き猫家もお休み♪

ち〜ち店長の寝相を集めてみました。





ち〜ち20120826-1

窓辺で日向ぼっこしながら・・・





ち〜ち20120826-2

テーブルを枕にして・・・
起こしちゃった!





ち〜ち20120826-3

寒くなりドームベッドで・・・
たまに冬眠の練習?





ち〜ち20120826-4

こたつで頭を暖めながら・・・
熱くなりすぎたらヘソ天(笑)

ついにホームページ作成開始です

悩みに悩んだホームページですが、
「カラーミーショップ」で作ることにしました。

(以前の記事→悩むホームページ作り


「カラーミーショップ」「おちゃのこネット」で悩んでて、
なぜ、「カラーミーショップ」にしたかというと、
結局はお金の問題です!(笑)

機能面に関してどちらがイイかは、使い手によるから
実際使ってみないことには判断しかねると言うこともあり、
まずは必要となる費用で比べてみることにしました。


独自ドメインを使うつもりなので、
この場合の各利用料金をおおまかに比較。


 *おちゃのこネット

  ・月額 2,000円(携帯版、スマホ版はそれぞれ月額 1,000円)
  ・独自ドメイン設置費用 6,000円
  ・ドメイン費用 年額 3,000円〜(おちゃのこネットで取得した場合)


 *カラーミーショップ

  (初期費用 3,150円)
  ・月額 875円(ライトプラン12ヶ月契約の場合)
      →独自ドメイン持ち込み自由、設置費用無料
      →スマホ版も標準機能として無料で対応
  ・ドメイン費用 年額 950円(提携のムームードメインで「.com」取得の場合)



費用差の大きな原因は独自ドメインの部分です。

もし、独自ドメインを使用しないのであれば、
費用面では「おちゃのこネット」圧勝です。
きっと「おちゃのこネット」を選んだと思います。


ということで、
現在「カラーミーショップ」の30日間無料お試しに登録し、
(無料お試しから、本契約への移行ができます。)
ムームードメインで「.com」のドメインを取得し、
せっせとホームページ作成中です。


ある程度ホームページができあがったら、
クレジット決済等の決済代行会社の審査も受けなければなりません。

この審査に20日〜40日必要らしく、
早くホームページを作って審査を受けないと
どんどんOPENが遅れてしまうということで、
最近、寝る間も惜しんで頑張ってますよ。


チョコマネージャーも・・・

チョコ20120825-1

頑張って、横で応援してくれてます。


チョコ20120825-2

でも、さすがに眠いようですね。


チョコ20120825-3

あとはやっておくので、おやすみなさい。



なのに、ち〜ち店長ときたら!

ち〜ち20120825

爆睡!

・・・なんか、腹立つわ!

 悩むホームページ作り≪ ≫クレジット決済サービスの審査通過!

ペルー産の「無農薬」珈琲を焙煎

先日購入したペルー産「ウォッシュド ヤネッシャ」
環境にも優しいRA認証をうけた無農薬珈琲を焙煎しました。

(この生豆情報→興味深い生豆を購入



やはり、無農薬ですね・・・。

前回焙煎したオーガニックコーヒーブラジル産「パライーゾ農園」と同様、
いや、それ以上に、欠点豆が多いです。

(ブラジル産「パライーゾ農園」の記事→有機栽培の珈琲豆(ブラジル産)を焙煎
(ブラジル産「パライーゾ農園」の生豆情報→有機栽培の珈琲豆

欠点豆 ペルー ヤネッシャ(RA認証)

欠点豆の多くが虫食い。
ブラジル産「パライーゾ農園」のときは穴あきでしたが、
今回は、かじられている豆が多いので、
違う種類の虫による被害でしょうか。


またこれも、ハンドピッキング作業が大変ですね・・・。


チョコ20120824

「ということは、猫の手が必要だニャ!
   手をキレイにしておくニャ♪」←チョコマネージャー


これら欠点豆をハンドピックして、
「フルシティロースト」(焙煎8段階中6番目です。)まで焙煎。
 ★焙煎の基本8段階とは?→こちら


焙煎に時間がかかりましたが、
あまりムラなく煎り上がりました。



さて、試飲。

第一印象は、ブラジルとよく似た味!
場所もペルーはブラジルの西隣なので味も似ているんですね。

でも、ブラジルで足りないなと思っていた香りが、
こちらの方が少しあるようです。
強くはないですが・・・。

あっさりした中にも、コクがあって、
クドくない程度に深みがあります。

酸味はあまりなく、苦味は程イイ。


これは、かなりイイですよ!


 興味深い生豆を購入

ち〜ち店長のおさぼり


あれ?
そういえば、ち〜ち店長・・・どこ行った?

ち〜ち店長〜ぉ

ち〜ち20120823-1

ん!


ち〜ち20120823-2

もしかしてぇ・・・


ち〜ち20120823-3

やっぱりーー!!!
何サボってるんですかー(怒)
今日はお休みじゃないんですよー!!!



実は、記事が間に合わなかったので、
ち〜ち店長のせいにしちゃいました♪(笑)
反省!

興味深い生豆を購入

ペルー産「ウォッシュド ヤネッシャ」レインフォレスト・アライアンス認証》 
コロンビア産 「サンアグスティン」

今回、この2銘柄の生豆を購入しました。




ペルー産「ウォッシュド ヤネッシャ」レインフォレスト・アライアンス認証》

ペルー ウォッシュド ヤネッシャ【RA認証】
 高品質コーヒーの産地であるビジャリカ地区にて
 零細農家グループが作るペルー最高級のコーヒー。
 完熟豆、水洗行程の改善、無農薬での栽培、
 そしてレインフォレストのプログラムに則した
 環境にやさしい生産を推し進めるています。


 完熟豆のみを収穫し、昔ながらの丁寧な発酵と水洗処理がされたコーヒーは、
 しっかりとした酸味とボディ、フルーティーな甘味を醸し出します。

RA認証

 ←レインフォレスト・アライアンス認証マーク
 
 (レインフォレスト・アライアンスとは→こちらをクリック






コロンビア産 「サン アグスティン」

コロンビア サンアグスティン
 現在コロンビアにあるコーヒーの樹は、
 全体の90%以上が多収穫品種であり、
 ティピカ種(在来種)は10%以下と言われ、
 大変希少価値の高いものです。
 サン アグスチンはアラビゴ ティピカ種100%です。


 赤く熟した実だけを一粒づつ丹念に手摘みし、すべて天日乾燥(SUN DRY)され、
 芳醇で柔らかくコクのある味わいが特徴。


先日購入したオーガニックコーヒーに続き、
ちょっと興味深い珈琲豆を選んでみました。


実際の味については、焙煎後また後日!


チョコ20120822

「また、じらし作戦かニャ!」←チョコマネージャー

えへへへ♪
チョコマネージャーも、また目ヤニ付いてますよ〜。(笑)


 ≫ペルー産の「無農薬」珈琲を焙煎
 ≫希少な在来種100%のコロンビアコーヒーを焙煎

珈琲袋決定しました

珈琲を入れる袋を決めました。


これです。

アロマブレスバック

 「アロマブレスパック」

 特殊なシール加工を施すことで、
 珈琲豆が発する炭酸ガスを袋の外に
 放出する機能をもったコーヒー袋。

 以前にも記事にしました。→これ




以前、送料の安いレターパックで送ることのできる珈琲袋に注目していました。
(その記事は→これ
しかし、今夏の猛暑日が続く中、考えが変わりました。


珈琲は25℃を超えると劣化が劇的に進むのです。
レターパックは郵便受けに投函されます。
今夏のような猛暑日に郵便受けに何時間も放置されることを想像したら、
とてもこの方法は選べないな!と思ったのです。

気温だけじゃないです。
珈琲は湿気も嫌います。
雨の日の投函を想像したら、
やはり、これはやめた方がよさそうです。


チョコ20120821

「確かにスゴク暑いニャ〜」←チョコマネージャー



レターパックが却下なら、
すべて通常の小包での発送になります。


ならば、見た目にも可愛いマチ付きで、
どうせなら、開封後の開閉に便利なチャック付きの袋。
そして珈琲豆が発する炭酸ガス対策のある袋。


ということで、この「アロマブレスパック」に決定しました。

有機栽培の珈琲豆(ブラジル産)を焙煎

先日届いたオーガニックコーヒーブラジル産「パライーゾ農園」の珈琲豆を焙煎したいと思います。
(先日の記事→これ


開封してみてビックリ!!!
この生豆、とっても小粒でした。

一般的なブラジル産の生豆と比較してみると・・・

パライーゾ農園サイズ

ほら、小さいでしょ〜。


そして、もう1つ気になるのが、
毎回、焙煎前に欠点豆をハンドピックするのですが・・・

ハンドピッキング

欠点豆

虫食いの豆が やけに多いんです!


そうか、有機栽培・・・無農薬・・・
なるほど、そういうことか・・・。


こうならないために通常は農薬を使用するんですもんね。
そうか・・・。


これはハンドピッキング作業が大変だ・・・。



チョコ20120820-1

「手つニャお〜か?」←チョコマネージャー


チョコ20120820-2

“猫の手”を貸してくれるんですね。
忙しくなったらお願いします。

それより、目ヤニが付いてますよ。
まずそれをハンドピックしてください。(笑)



どうにか欠点豆を取り除いて、焙煎。

小粒のくせに、なかなか煎りが進まず、焙煎に時間がかかりました。
煎りムラも出来やすいみたい。
天日乾燥された生豆なので、水分含有量が多く、
その含有量にばらつきもあるのかしら?


焙煎しにくい豆だな・・・という印象。


「フルシティロースト」(焙煎8段階中6番目です。)まで焙煎。
 ★焙煎の基本8段階とは?→こちら




さて、待ちに待った試飲です。


お!なかなか・・・なかなか、イイんじゃない?
ザ・ブラジル珈琲って感じ。(全然伝わらない表現ですね(笑))

香りは弱いけど、香ばしくて悪くはない。
酸味は少なく、苦味は程イイ。
雑味なし。
口当たりはとてもあっさり。


珈琲が苦手と言う人の理由に多い、
酸味、重量感がほとんどなく、飲みやすいです。


飲み終わった後の余韻はあまりないけど、
毎朝のモーニングコーヒーとして、
飽きることなく飲んでいただけそう。

1日に何杯も水分補給のように飲んでいる人にも
飲みやすくて良さそう。
無農薬だから安心ですし!


香り高く濃厚で芳醇な味わいの珈琲を好む人には、
少し物足りなさを感じられるかもしれません。


しかし、これはこれで、なかなかイイんじゃないかしら!

 有機栽培の珈琲豆

チョコマネージャー襲われる?

今日は日曜日。
招き猫家もお休み♪

チョコマネージャーは まったり。

チョコ20120819-1

♪♪♪〜♪


チョコ20120819-2

!!!!?


チョコ20120819-3

「ぅニャーーー!!!」


チョコ20120819-4

「ほっ。」


チョコ20120819-5

「今のはニャンだ?」


チョコ20120819-6

♪♪♪〜♪


チョコ20120819-7

!!!!?


チョコ20120819-8

「ぅニャーーーーーーー!!!」


チョコ20120819-9

「ぉニャーーーーーーーーー!!!」


チョコ20120819-10

「・・・ぉっと!!!」


チョコ20120819-11

「ふぅ・・・。」


得体の知れぬ かゆみ に襲われ、
疲労こんぱいのチョコマネージャーでした。

有機栽培の珈琲豆

最近「オーガニックコーヒー」が気になっていました。

そして、良さげな珈琲豆を発見!!!
その生豆が届きました。


ブラジルの「パライーゾ農園」で作られた珈琲豆です。

ブラジル パライーゾ農園
 「パライーゾ農園」は日本人である鈴木功氏が
 日系3世の妻、真理子さんと2人で開拓した農場です。
 2005年にはブラジルで一番難しい
 有機認証団体IBDの有機認証を取得しています。
 日本の人たちに自分達が作ったオーガニックコーヒー
 飲んで頂くことがご夫婦の夢だそうです。



どうですか?
何だか飲んでみたくなりませんか?


と、私も思って購入しました。


でも、どんなに丹精込めて作られてても、
美味しくなければ意味がありません。
決め手はやっぱり味!!!

また焙煎したら報告しますね♪


チョコ20120818

「ちょっと〜、気にニャるんだけど!」←チョコマネージャー

えへへへ♡
ドラマの「つづく」みたいに、じらしてみました〜♪

それより、そのお顔の方が気になるんですけどぉ(笑)

 ≫有機栽培の珈琲豆(ブラジル産)を焙煎

悩むホームページ作り

以前にも一度触れましたが、
珈琲豆をネット販売する為のホームページ・・・
(珈琲豆をネット販売する為のホームページ作り)

以前注目した方法は、どうやら私のような機械音痴には難しいらしく断念。


チョコ0120817-1

「ぷぷっ♪」←チョコマネージャー
今、笑いましたか?


チョコ0120817-2

「にゃはははははは♪♪」
完全に笑いましたね!
自分だって、出来ないくせに。



もっと簡単な方法としてあれこれ検討した結果、


「おちゃのこネット」「カラーミーショップ」を利用する。

 候補に残った理由は、機能が充実していることと、低価格であること。
 そして何より、前回注目した方法と違い、開設までの設定がとても簡単なこと。


②このブログで販売をすること。

 もちろん、これは初期段階の話で、いずれホームページを作成するという前提です。

 スタートは商品数も販売数も少ないはずなので、
 カート機能に頼らないメールでの取引も可能ではないかと考えました。
 カタログ通販のFAX注文に似てる方法ですね。

 しかし、ネット販売と言えば、やっぱりお買い物かご(カート)に入れて
 送料込みで代金を自動計算してくれるもの・・・
 と、私自身思っているから、これは時代錯誤なやり方なのかな?

 商品代のほかに送料や複数の支払い方法のことも考えると、
 やはり、ショッピングカートの設置は必要か・・・
 となると、結局ホームページは必要なのかな・・・



運営側は未知の世界なので、ほんと悩みます。

「おちゃのこネット」「カラーミーショップ」も無料お試しサービスがあるので
まずは体験からですね。

*この件に関して色々な方に助言をいただいております。
 この場をお借りして・・・
「いつもありがとうございます。今度もよろしくご指導願います。」


 珈琲豆をネット販売する為のホームページ作り≪ ≫ついにホームページ作成開始です

招き猫家のロゴ

ず〜っと気になってた ロゴ。

いい加減作らないと!と思ってはいたけど、
全くアイデアが浮かばなかった ロゴ。


お盆休み中にできました!


でも頭に浮かんだデザインを形にするのが難しく、
修正を重ね、何とかそれっぽくなりました♪


ロゴ(仮)
  こんな感じ。
  雑っぽいけど、
  手作り感がまたイイ!
  ということにして・・・



本当は、漢字の「招き猫家」でロゴを作りたかったけど、
全く、ホントにま〜ったくアイデアが浮かばず、
今回はローマ字にしました。

また ひらめいたら修正を加えていくつもりです。

これは「ロゴ第1号」です。


「実写版ロゴ第1号」
ロゴ実写版

ち〜ち店長のお盆休み最終日

招き猫家のお盆休み最終日。

今年のお盆休みは不安定な天気で
凄いカミナリと土砂降りの雨でした。

でも、雨上がりには、ち〜ち店長の楽しみが♪


ち〜ち20120815-1

「待ってました!バケツから雨水の直飲み〜♪」
以前にも同じ光景が!→これ
そう、これが雨上がりの最大の楽しみなんです。



ある日の雨上がりは・・・

ちょっとだけ雨水が少なめ。

ち〜ち20120815-2

そんな時は腕力を使って、
ひょいっ♪

ち〜ち20120815-3

「ちょろい ちょろい!」



また、ある日の雨上がりは・・・

だいぶん雨水が少なめ。

ち〜ち20120815-4

深さを確認。
「よし、いける!」


ち〜ち20120815-5

今回は腕力+脚力を使って、
ヨッコラショっと。


ち〜ち20120815-6

「ぅんめ〜♪」


ち〜ち店長15歳!(人間年齢推定77歳の喜寿)
まだまだ若いもんには負けません!!


天候に恵まれず、寝てばかりのお盆休みでしたが、
締めくくりは、最高の日になりましたね。

明日からお仕事頑張ってくださいよ!

ち〜ち店長のお盆休み4日目

招き猫家のお盆休み4日目。


ち〜ち20120814-1

ち〜ち店長〜♪


ち〜ち20120814-2

「にゃにか?」
あ、いえ何も・・・


ち〜ち20120814-3

「・・・。」
ゴメンナサイ・・・

チョコマネージャーのお盆休み3日目

招き猫家のお盆休み3日目。
チョコマネージャーの1日。


チョコ20120813-1

朝。


チョコ20120813-2

昼。


チョコ20120813-3

夕。


チョコ20120813-4

夜。

場所は違うけど・・・

チョコマネージャーのお盆休み

招き猫家のお盆休み2日目。


チョコ20120812-1

ドデ〜ン


チョコ20120812-2

ゴロ〜ン


チョコ20120812-3

ビヨ〜ン


チョコ20120812-4

グハ〜ン


なんとまぁ、グ〜ダラなチョコマネージャーのお盆休み2日目。

ち〜ち店長のお盆休み

今日からお盆休み。
招き猫家もお休み♪


ち〜ち20120812-1

まったり過ごす ち〜ち店長。



ち〜ち20120812-2

「・・・。」←ち〜ち店長


ち〜ち20120812-3

「目を合わせニャいでおこう」


ち〜ち20120812-9

「行ったかニャ♪」


ち〜ち20120812-4

「やれやれ」


ち〜ち20120812-10

くつろぐ ち〜ち店長。


ち〜ち20120812-5

「ギャーーー!!!」
後方からチョコマネージャーが!


ち〜ち20120812-6

チョコマネージャー押さえ込み−!
「1・・・2・・・3・・・・・」


ち〜ち20120812-7

「おりゃーーー!!!」
ち〜ち店長反撃かー!


ち〜ち20120812-8

まったりと過ごすはずだったち〜ち店長のお盆休み初日。






挽き豆の賞味期限を調べる②

先日、挽き豆の賞味期限を調べるため、

①挽き豆を10gごとにドリップバッグに入れ、個包装したもの
②挽き豆30gを入れ密封したもの(未開封保存を想定)
③挽き豆30gを入れ開封したもの(使いかけを想定)

を作り、これらをそれぞれ「常温」「冷蔵」「冷凍」
まず、半月1ヶ月1ヶ月半 保管して風味の変化を見ることにしました。

 (挽き豆の賞味期限を調べる①


1週間が過ぎ、「常温」のモノが気になって仕方がなく、
①の「常温」を1つ試飲してみました。

1週間目は大丈夫のようです。
お湯を注いだら、ちゃんと粉が膨らむし、
味も酸化することなく、キープ出来ています。

今まで、挽き豆にして放置したことがなかったため
絶対風味が落ちていると思っていたけど、
意外にまだ保っていました。

限界がどこか、ドキドキです。



ち〜ち・チョコ20120810

ち〜ち店長とチョコマネージャーがバトル寸前!!!
こっちもドキドキ♪です。(笑)



それはさておき・・・


今回、賞味期限の実験を1つ追加します。

④挽き豆を10gごとにドリップバッグに入れ、個包装し、ガス抜き穴を開けたもの


これは、珈琲豆から発生する炭酸ガスで、密封した袋がパンパンに膨れてしまうのに、
(参考→珈琲豆から発生するガス①
十分に有効だと言えるガス抜き対策がないことから、
(参考→珈琲豆から発生するガス②
ただ、針で穴を開けた場合、
開けてないモノと比べてどう変わるかを検証するためです。

賞味期限検証用準備

 さて、④の試験用のドリップバッグ作りです。
 ドリップ袋に珈琲の挽き豆10gを入れ、
 個包装し、密封します。


ガス抜き穴有り無し

 そして、作ったドリップバッグの外袋に
 針で小さなガス抜き穴を開けたモノと、
 開けていないモノを作ります。



①〜③と同様、「常温」「冷蔵」「冷凍」
半月1ヶ月1ヶ月半 保管して風味の変化を見ていきます。


こちらも、結果は後日報告します。


 挽き豆の賞味期限を調べる①

ブレンド珈琲を試作④

前回焙煎した3種の珈琲豆をブレンドしてみます。
(前回→ブレンド珈琲を試作③


「コロンビア」「ブラジル」「モカ」3:1:1 で試験。

特徴はないがバランスのとれた「コロンビア」をベースに
私好みの香りと苦味を「ブラジル」で足して、
タイプの違うの「モカ」で深みが出ないかと考えました。


結果は、惨敗・・・


ベースの「コロンビア」単品に比べ、
何ひとつ良くなったところはないです。

それどころか、ややこしい味になって
爽やかな口当たりを殺してしまっている有様。

クドくて、胃が重くなる。

課題の香りも、良くなるどころか、濁った香りに・・・


自分なりに分析・・・

胃が重く感じた原因は、「ブラジル」のローストが深すぎたためかな。
単品だと美味しいのに・・・。
濁った香りは、「ブラジル」の強い香ばしさと、
「モカ」のオレンジピールのような香りがうまく混ざり合わないのかしら?

なんとなく、全体にもう少し浅煎りのほうが良かった気が・・・。


いろいろ割合を変えて試みるつもりでしたが、
この3種は割合で何とかなる気がしません。

組み合わせだけでなく、
それぞれの焙煎度合いも見直したいと思います。



チョコ20120809

「まぁまぁ、そんなに落ち込まニャいで!」←チョコマネージャー

そうですね。
そんなに簡単にできるものじゃないと分かってるけど、
上手くいかないとガッカリしちゃうわ・・・
頭の中では、いい感じにブレンド出来てたのに(笑)

 ブレンド珈琲を試作③

ブレンド珈琲を試作③

前回「コロンビア産」+「ブラジル産」の2種をブレンドしてみましたが、
香りがイマイチでした。
(前回→ブレンド珈琲を試作②

今回は、前回同様「コロンビア産」をベースに、
これまで焙煎した中で一番好きな香りだった
ブラジル産「エスプレッソレディ−」と、
この香りに深みを出してくれそうな「モカ」
ブレンドしてみたいと思います。


今回は、この3種を焙煎。

コロンビア20120808
 コロンビア産「ナリーニョ・エルタンボ」
 シティロースト(焙煎8段階中5番目)
  ★焙煎の基本8段階とは?→こちら

 ザ・珈琲!といった香りとクセのない味



ブラジル20120808
 ブラジル産「エスプレッソレディー」
 フルシティロースト(焙煎8段階中6番目)

 ビスケットのような香りだけど、弱い
 キリッとした苦味



モカ20120808
 エチオピア産「モカ・ハラー・ロングベリー」
 シティロースト(焙煎8段階中5番目)

 時間がたつにつれ、オレンジピールチョコレートのような香り




これらのブレンドは次回!



ち〜ち20120808

「焙煎するだけでクラクラだニャ〜」←ち〜ち店長

これだけ猛暑日が続くと、
みんな夏バテですね・・・。
ボチボチと行きましょう♪


 ブレンド珈琲を試作②≪ ≫ブレンド珈琲を試作④

珈琲豆から発生するガス②

先日、珈琲豆から発生するガスについてお話ししました。
 珈琲豆から発生するガス①


さらにそのガス対策について調べてみたところ、
意外な事実が分かりました。


「アロマブレスパック」「ガス抜きシール」に関しては、
ただ穴を開けるのと大して変わらないようなのです。

「ガス抜きシール」は開けたガス抜き穴からの異物混入を防ぐだけ。
外気の侵入を防ぎ酸化を防止する効果すらないとのこと。
細い針で開けた穴から、どれほどの異物が入ると言うんだろう?
どうやら、気安めのようです。

「アロマブレスパック」は珈琲豆から炭酸ガスが出ている間は、
袋内の圧力によって外気の侵入は防げるが、
それが収まると、外気の侵入は防げないとのこと。
結局、すぐにただ穴を開けただけと変わらなくなるのです。
(この対策が現在の主流のようです。)


その他のガス対策も検討してみましたが、

「ガス抜きバルブ」は外気の侵入を防ぐ効果があるため、
ある程度、酸化防止効果は期待できそうですが、
やはり、袋内から炭酸ガスとともに香りも出ていくため
風味を保つ効果が劇的に高まるわけでもないようです。
他と比べると少々費用がかかるため、
費用対効果で考えたとき、それほどの効果は期待できず、
これもどうかと・・・

脱酸素剤「エージレス」も同じですね。

「窒素充填加工」というのもありますが、
これも、窒素を充填することにより、酸素を追い出し、
酸化を防ぐというものですが、
これも、同じ事ですよね。


これらは、酸素の侵入を防ぐことにより
多少風味を保つ効果はあるでしょうが、
炭酸ガスの発生を抑え、
香りが抜けるのを防ぐ効果まではありません。


結局のところ、何をしても、
風味の劣化を抑える効果は大して期待できないんですね。



よく市販されている大手の珈琲に
1年以上の賞味期限が付いていますよね。

どんな保存のための対策がされているのかと思ったら、
上記以上の特別なことはしていないそうです。

全日本コーヒー公正取引協議会の
「レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーの
賞味期限設定に関するガイドライン」
によって、
珈琲の賞味期限を半年から1年以上(一定条件の下)と
示されているため、
この基準にただ合わせているだけだそうです。
(違っていたらゴメンナサイ)


挽き豆で1年・・・

そんなの美味しいわけないじゃないですか!



結論・・・

美味しく飲んでいただくには、早めに飲んでいただく!
これに尽きます。



ち〜ち・チョコ20120807-1


 「そうそう、
   これも
    早めに♪」

   ↑チョコマネージャー


ち〜ち・チョコ20120807-2



 「ちょっと・・・」
   ↑ち〜ち店長


ち〜ち・チョコ20120807-3



 「・・・・。」
   ↑ち〜ち店長




 珈琲豆から発生するガス①

自分のやりたい店と現実

最近、悩んでいました。


私が夢見ているのは、自家焙煎珈琲店。

小学校の卒業文集にも、将来の夢「珈琲専門店」と書いてました。
シブイでしょ。


その夢見る珈琲店は、
優雅で、落ち着いた大人の気品漂う、
売り上げ度外視のゆったりしたお店。

今まで「こんなお店がイイ」と感じたお店の大半が、
ビルのオーナーさんが、そのビルの一角で趣味のようにやっている、
そんなお店でした。



珈琲店を夢見て始動した今、
現実という壁がはだかっている・・・


先行してやるネット販売の準備で、
計算機をはじきながら、
費用をどう抑えるか、そればかり考えてしまうんです。


少しでも安く提供したいという気持ちからですが、
これは、私が夢見ている形ではありません。

こんな気持ちで作った商品には
貧乏くささが漂いそう。


少々費用がかかっても、自分の思いを商品に込めたい。
でも、商品の単価は上げたくない。
これでは、経営が成り立たない・・・



さて、どうしたものか・・・

チョコ20120806-3

 「そうだニャ〜・・・」
   ↑チョコマネージャー


チョコ20120806-2

 「どうするかニャ〜」


チョコ20120806-1

 「1つも考えつかニャい・・・」




1つ・・・


あっ!


あれこれ1度にやろうとするから、
原料を大量注文することも出来ず、
結果、単価を上げてしまう。

開業のタイミングだって遅らせてしまう。


まずは、自信作を1つ、
たった1つ作って、
それで勝負!


これなら、自分の理想型を作り上げることが出来るかも。


その後どのように展開していくかは後で考えるとして、
1点に集中してみようかな。


何で勝負に出るか・・・

チョコ20120806-4

「よし、早速ミ〜ティングだニャー!!」←チョコマネージャー

ち〜ち店長とチョコマネージャーの休日

今日は日曜日。
招き猫家の開業準備も、ちょっと休憩。



ち〜ち・チョコ20120805

なのに、ち〜ち店長とチョコマネージャーときたら・・・・
休みの日に口論。


ち〜ち・チョコ20120805 2

分からず屋のち〜ち店長にチョコマネージャーがキレた!


ち〜ち・チョコ20120805 3

あまりの勢いに吹っ飛ばされるち〜ち店長。


ち〜ち・チョコ20120805 4

睨むチョコマネージャー。


ち〜ち・チョコ20120805 5

隅でおびえるち〜ち店長。



招き猫家の上下関係はどうなってるの??

せっかくの休日、仲良くしてくださいよ・・・


ブレンド珈琲を試作②

前回上手くいかなかった「コロンビア産」+「ブラジル産」のブレンドに再挑戦!
(前回→ブレンド珈琲を試作①


ブレンドには次のような方法があります。
 ①生豆の状態で混ぜて、焙煎する
 ②別々に焙煎した後に、混ぜる


前回の方法で試しましたが、
今回は焙煎度合いの異なる組み合わせをブレンドするため、
の方法でブレンドします。



コロンビア産「ナリーニョ・エルタンボ」フルシティローストをベースに
ブラジル産「No.2」ハイロースト 2:1 でブレンド。

甘味もあり、コクもあり、
酸味、苦味もバランスよく、悪くはないです。

ただ、この甘味の強さが、飲み飽きるかも。

特に、今のような夏に飲むには、爽やかさがないから
進んで飲みたいと思えないかもしれません。


この甘味は、コロンビア産「ナリーニョ・エルタンボ」からと思われます。



試しに、「コロンビア産」「ブラジル産」1:1 にしてみました。

甘味、コクが抑えられ、飲みやすくなりました。
ブラジル産「No.2」の苦味も増え、大人な味に。

こっちの方が、飲みやすいです。

ただ、香りがイマイチです。
ブラジル産「No.2」が香りのとても弱い豆だからかもしれません。


豆の組み合わせ方だけでなく、組み合わせた豆の割合によっても
大きく風味が変化します。


バランスのとれたブレンドを作るのって、
想像以上に難しそうです。

数試すしかないですね!



ち〜ち店長は、ソファーの上で、
贅沢に2つのクッションを使ってくつろぎます。

ち〜ち20120804 1

 こんな感じや、


ち〜ち20120804 2

 こんな感じに。


ある日も、こんな感じに。
ち〜ち20120804 3

ち〜ち20120804 4

 「おや?」←ち〜ち店長
 何か気になる様子。


ち〜ち20120804 5

 ちょっと乗り出したら・・・


ち〜ち20120804 6

ズリッ!
バランスを崩しました。

ち〜ち20120804 7

 バランスを崩したまま、
 くつろごうとする、ち〜ち店長。



クッションも2つ使うにはバランスが必要ですね。(笑)


 ブレンド珈琲を試作①≪ ≫ブレンド珈琲を試作③

珈琲豆から発生するガス①

先日、賞味期限を調べるために、
挽き豆30gを密封した袋がこんな事に!
挽き豆の賞味期限を調べる①

膨れた袋

これは、焙煎豆から炭酸ガスが放出されるためです。
焙煎後しばらくは大量の炭酸ガスを放出するのです。

でも、ここまでとは思いませんでした・・・


袋の膨らみは、焙煎したばかりの新鮮な豆であることの証です。
珈琲の香りも、この炭酸ガスとともに出てきます。
だからむやみにガス抜きをするのもためらいます。


しかし、このままでは商品として発送するには破裂の危険が!
店頭でお渡しするのであれば問題ないのですが・・・


「プ〜ぅ」←チョコマネージャー

チョコ20120803

コラーーっ!!!
そんなガスもっとイランわー!!!!(怒)
(お見苦しい写真を・・・スミマセン)



このガス抜き対策は色々あります。
たとえば、
アロマブレスパック
 「アロマブレスパック」
 特殊なシール加工を施すことで、
 珈琲豆が発する炭酸ガスを袋の外に
 放出する機能をもったコーヒー袋。


エージレス 脱酸素剤「エージレス」
 酸素と焙煎珈琲豆から出る炭酸ガス
 同時に吸収する複合機能タイプ。
 酸化によるコーヒーの劣化も防ぐ。


ガス抜きバルブ
 「ガス抜きバルブ」
 袋にバルブを取り付けることで、
 炭酸ガスを袋外に放出し、外気の侵入を防ぐ。
 また、コーヒーの劣化の原因である空気中の酸素を浸透させないため、
 袋内を常に脱気状態にして豆の鮮度を長く保つ働きをする。



他にも、「ガス抜きシール」といって、袋に針で穴を開け、
その上から貼るタイプのものなどなど・・・


炭酸ガスの問題は、これらガス抜きによって解決です。
しかし、香りの問題が残ります。


挽き豆は挽いた時点で相当量の香りが抜けてしまいます。
袋詰めされた後もガス抜きによって、少しずつ抜けていきます。
手元に届く頃には半分以下になっているのではないでしょうか?


正直なところ、豆の状態で購入していただきたいです。


本当に美味しい珈琲を飲みたいと考えるのであれば、
安価なモノでもイイので「コーヒーミル」を手に入れ、
淹れる直前に挽いていただきたいです・・・

2,000〜3,000円の「コーヒーミル」もあります。


挽き豆の場合、この最高の香りを、
お客様ではなく、私が楽しんでしまうことになるのです。

 ≫珈琲豆から発生するガス②

ブレンド珈琲を試作①

まだ早いかもしれないけれど、
ブレンド珈琲を考えたいと思います。


初めてなので、まず2種類のブレンドから。


過去に飲みやすいと思ったブレンド珈琲の多くが
「コロンビア産」+「ブラジル産」
でしたので、これに挑戦。


コロンビア産「ナリーニョ・エルタンボ」シティローストをベースにしてみます。
(以下Aと表します)

もう1つは、個人的に好きなブラジル産「ショコラ」を。
(以下Bと表します)


ブレンドには次のような方法があります。
 ①生豆の状態で混ぜて、焙煎する
 ②別々に焙煎した後に、混ぜる



どちらの方法がイイというわけではないけど、
の方が焙煎の幅は広がります。


今回はの方法で試してみます。

BAに比べ焙煎速度が速い豆なので、
Aシティローストにする時間で、
Bは少し深めのシティローストになり、
それによって、苦味が増して、アクセントになるのではと。


いい色に焙煎できました。


風味も悪くないです。
しかし、あまりブレンドにした効果を感じられません。

これでは、ブレンドしなくても、
ABをそれぞれストレートで飲めばイイという感じ。


ABは、もともと特徴が似てることが影響したのかもしれません。


*****************************


そこで、ブラジル産「ショコラ」を
強い苦味が特徴のブラジル産「No.2」に変えてみました。
(以下Cと表します)

そして、同じ方法で、同じくらいまで焙煎。

苦味が強すぎてしまいました。
ACを混ぜて一緒に焙煎したことにより、
Cの煎りが深くなりすぎ、苦味が必要以上に出てしまったようです。


のブレンド方法は、
今回の組み合わせには向いていなかったようです。

次回、同じ組み合わせをのブレンド方法で試してみたいと思います。



チョコ20120802 1

 ちょっと!チョコマネージャー!!!
 寝てないで、ちゃんと記録とってくださいよ!


チョコ20120802 2

 「ん?寝てニャいよ!」
   ↑チョコマネージャー


チョコ20120802 3

 ほら、またーっ!!!


チョコ20120802 4

 「ぅお!」
   ↑チョコマネージャー


チョコ20120802 7

もう完全に意識どこか行っちゃってる・・・

チョコ20120802 5

 あぁ・・・もうダメね・・・


チョコ20120802 6


 寝た!



チョコ20120802 8

おやすみなさい。


 ≫ブレンド珈琲を試作②
オンライン・ショップ
プラグイン用ロゴ1

プラグイン用ロゴ2
ようこそ招き猫家へ♥
★自由気ままに更新中★
にゃんこブログと〜
珈琲ブログが〜
コラボでブラボ〜(●ↀωↀ●)✧
招き猫家の店員紹介
Facebook
♡いいね!ってポチしてね♪
テレビ出演しちゃったよ♡
(注:音声付き)
CBCテレビ 「イッポウ」にて
2013.10.23放送♪

メ〜テレ「UP!」にて★一瞬よ!
2014.01.28放送♪
ブログランキングに参加中
ポチ ポチ ポチっ♪
ってしてくれたら嬉しいな♡

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
Twitter
ドリップバッグを手作り !?
なんと美味しいドリップバッグが自分でも出来ちゃうよ♪

1.招き猫家のコーヒー挽き豆10g
2.招き猫家のドリップバッグ空袋
3.別売のクリップシーラー
♡動物保護活動を応援♡
★ねこ保護活動応援ブログ用
★★動物保護団体へジャンプ
描いてもらっちゃった♬
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。