スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産に登録されている島 ガラパゴスのコーヒー

今回はちょっと珍しいコーヒー生豆を手に入れました。
OCIA認定の生豆、エクアドル ガラパゴス諸島「サンタクルス農園」

OCIA(Organic Crop Improvement Association)認定とは
アメリカにある団体の有機認定です。


世界遺産に登録されている、イグアナでも有名な
あのガラパゴスで、コーヒーが作られていたんですね。

価格の方は、鼻血が出そうになるほど(笑)でしたが
どんなコーヒーなのかという興味から、思い切って購入。


20130228

「ワタチはこれでヨダレが出るニャ♪」チョコマネージャー

はいはい。
これは、毎晩9時のおやつタイムで食べている
チョコマネージャーの大好物ですね。



■生豆情報

ガラパゴス生豆

1869年にフランスの農学者によって植えられたアンティーク・ブルボン。
1869年とも1879年とも言われていますが、
とにかく100年以上の昔に、フランス人の探検家が
他のフランス領からブルボン種をこの島に
持ち込んだそうです。
当時の木がそのまま育っているというのだからスゴイ。

サンタクルス農園は、1990年に
現在の農園主のゴンザレス家が古いプランテーションを発見し、
当時の地主から土地を借りて栽培を
再開したものです。
5年後にはその土地を購入し、自らの土地で自らのコーヒーを栽培しています。 

世界遺産に登録されている島なので、当然オーガニックです。
(注:JAS認証は、ありません。)


ちょっと、楽しみじゃない?
焙煎結果は後日♪



 ≫世界遺産に登録されている島 ガラパゴスのコーヒーを焙煎


 ★★自家焙煎珈琲 招き猫家★★

 【チョコっと宣伝】
新商品を発表しました♪
ブラジル・ノッサ セニョーラ デ ファティマ(無農薬・有機栽培の生豆使用)
コロンビア・シエラ ネバダ(無農薬・有機栽培、フェアトレードFLO認証の生豆使用)
ブラジル・鈴木功パライーゾ農園(無農薬・有機栽培の生豆使用)
  →こちらは前回「数量限定」で販売しましたが、
   今回、同農園で "今季” 収穫された生豆を使用しています。

詳しくは、下記オンラインショップへ ↓↓↓ Go♪


  オンラインショップ→こちら
  Facebook→こちら

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鼻血が出そうな程の価格って・・・
そんなに高いんですか〜ヮ(゚д゚)ォ!
値段ってでもだいたい手間賃ですよね★
それだけ丹精込めて作られたって事・・・ですよね?(笑)
どんな味なのか気になりますw

Re: non☆(@'ω'@)たんさんへ

そういう意味でのこの価格ならイイんですけどね。
もしかしたら、収穫量が少なく珍しいから
と言う意味で高価なのかもしれないので、
味見するまで分からないですね。
楽しみだわ♪
オンライン・ショップ
プラグイン用ロゴ1

プラグイン用ロゴ2
ようこそ招き猫家へ♥
★自由気ままに更新中★
にゃんこブログと〜
珈琲ブログが〜
コラボでブラボ〜(●ↀωↀ●)✧
招き猫家の店員紹介
Facebook
♡いいね!ってポチしてね♪
テレビ出演しちゃったよ♡
(注:音声付き)
CBCテレビ 「イッポウ」にて
2013.10.23放送♪

メ〜テレ「UP!」にて★一瞬よ!
2014.01.28放送♪
ブログランキングに参加中
ポチ ポチ ポチっ♪
ってしてくれたら嬉しいな♡

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
Twitter
ドリップバッグを手作り !?
なんと美味しいドリップバッグが自分でも出来ちゃうよ♪

1.招き猫家のコーヒー挽き豆10g
2.招き猫家のドリップバッグ空袋
3.別売のクリップシーラー
♡動物保護活動を応援♡
★ねこ保護活動応援ブログ用
★★動物保護団体へジャンプ
描いてもらっちゃった♬
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。