スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲の王様、ブルーマウンテン№1 クライスデール(生豆)

招き猫家のお客様から ちらほら
「本当はブルーマウンテンが好きなのよね〜」とか、
「ブルーマウンテンを飲んでみたいんだけど、ないのね」
というお声をいただきます。


アロマ、ボディー、アシディティーの絶妙バランスがブルーマウンテンの特徴であり、
キング・オブ・コーヒーと言われています。
まろやかな甘味の残る後味は、他のコーヒーの追随を許さない。
品質を保つため世界で唯一樽詰で取引される。
ブルマン樽

たかがコーヒー。されどブルーマウンテンコーヒー。



DSC_0372_convert_20130430194340.jpg

こちらは、犬小屋でくつろぐ「キング・オブ・招き猫家」




そうですよね〜。
コーヒー好きなら一度は贅沢に味わってみたい銘柄ですよね。

どうしようか悩みながら取引している生豆屋さんの商品を見ていたら、
なんというタイミングでしょう。ちょうどその日に今シーズンのブルマンが入荷!
これは何かの縁だな!と、仕入れちゃいました(笑)
しかも、キング・オブ・コーヒーのブルーマウンテンの中でも最上級クラス!


だって、どうせ贅沢するなら、「上の下」より「上の上」がイイでしょ(笑)



■生豆情報

ジャマイカ産「ブルーマウンテン№1 クライスデール」
ブルマン生豆

クライスデール地区は、セントアンド リュー教区内の平均標高1000メートルのコーヒー生産地として知られ、ブルーマウンテンコーヒーの生産地の中央に位置している。故に、「ザ・ハート・オ ブ・ザ・ブルーマウンテン」と呼ばれる。
近くには国内最大の国立公園と森林保護区であるグランドリッジがある。



クライスデールの歴史

クライスデール農園は、1800年、英国人コリン・マクラーティー博士によって創設された。ジャマイカに旅行でやってきたが、好きになった土地に永住してし まった。コーヒーを商業ベースで生産した最初の農園のひとつである。当時の教区名はポートロイヤルであり、その後セントアンドリューに変更された。 
 
この地区で生産されるコーヒーの品質がいいことに気づいた農民たちは、マクラーティー博士に続けとばかり、クライスデール農園の近隣にコーヒーを栽培し始め た。こうしてクライスデール地区のコーヒー栽培は広がっていった。クライスデール農園のコーヒーは1800年代始めにはすでに輸出されてい た。
         

現在、クライスデール農園は運営はされていないが、当時の精製工場、乾燥場、水車は200年経った今も現存している。
かつてハネムーンの常宿だった工場に隣接するクライスデール・グレート・ハウスは、国家遺産としてジャマイカ政府によって指定されている。

クライスデール地区の生産者は、ティピカ種の素晴らしいコーヒーを作り続けている。

クライスデール・ブランドはこの地区で収穫されたブルーマウンテンである。他の追随を許さない、そのアロマは、今日でも変わらない。

収穫量の少ないブルーマウンテンの中でも、最高品質だけに与えられるのが「No.1」の称号
希少価値の非常に高いコーヒーです。



焙煎情報は次回お届けします。
お楽しみに♪


 ★★自家焙煎珈琲 招き猫家★★

 【チョコっと宣伝】

コーヒーゼリーHP1 大好評です♪

ドリップして冷やすだけ「楽ちんコーヒーゼリー」
(無農薬・有機栽培のコーヒー生豆使用、オーガニック・シロップ付き

 詳しくは、こちらへ → Go♪



  オンラインショップ→こちら
  Facebook→こちら


※次回更新は5/3(金)です。

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう

この度は、リンクしてくれてありがとう。
これからも、体に気をつけて頑張ります。
ママさんも、体に気をつけて頑張って下さいρ(′▽`o)ノ゙ ファイトォ~♪
未来の、輝ける招き猫家の為に(´∀`*) 

Re: ogawa hiroeさんへ

こちらこそ、いつも贔屓にしてくれて
ありがとうございますm(_ _)m
これくらいのことしか出来なくてゴメンね。。。

No title

おはようございます。
注文できないのにちょこちょこお邪魔してます。
ブルマン美味しいですよね。

ブルーマウンテンっすかー!

こんばんわ!

ブルーマウンテン購入しましたか〜、新物らしい青々した豆ですね〜!
2ハゼはいるかはいらないかくらいで止めると結構飲み応えあっていいですね〜。
僕も以前購入したことがありました(自家消費でしたが)

さすがにブルーマウンテンは高価ですし偽物と本物を見分ける目がなくて扱えないので、うちでは似た感じのドミニカを使ってます・・度胸がないので(笑)

Re: サンデーランチさんへ

実は、過去の経験からブルマンは嫌いな豆だったんです。
今回自分で焙煎してみて驚きました。
凄い豆でした〜((ʘ ʘ)))
次の記事にも書きましたので良かったら見て下さいね♪

Re: 珈琲国王(GreenP's)さんへ

買っちゃいましたよ〜(* ̄∀ ̄;)ゞ
実は今まで美味しいと思ったことがないどころか、
こんなにマズイのを美味しいなんて言うのは
ただ高価だからそう思うだけでしょ?とまで思っていました。
いや〜、たまたま運悪く美味しくないものを飲んでたみたい。

今回、GreenP'sさん同様、シティあたりで試しましたが、
他の豆とは全く違う味わいにビックリでしたよ。
過去のあのブルマンたちはなんだったんだろ?って┓( ̄∇ ̄;)┏
キングと言われる理由が分かりました。

私も度胸がないので、仕入量は控えめにしましたよ(笑)

No title

どもです!

ブルーマウンテンは、一度樽買いしてみたいですけどね〜(笑)
ブルーマウンテンが美味しくないお店は、大体煎りが浅すぎるか深すぎるかのような気がしますね〜(特に浅いお店が多いです)
うちのドミニカとかもそうなんですが、カリブ系は許容範囲がかなり狭いですね。
同じ高級豆のハワイコナは、もっと深煎りの方が美味しいですけどね〜(最近木がやられて生産量が少ないとか・・)

うちは、ひっさびさにモカマタリ9を買いました。
商品にするかどうかは検討中ですが・・(笑)

Re: 珈琲国王(GreenP's)さんへ

樽買い〜(((o(*゚▽゚*)o)))今は夢〜(笑)
お互い、いつか樽買いしましょうねー♪

ハワイコナは、後継者不足で、今ではアメリカ本土から入ってきた金儲け目的のノウハウのない農園主が多いって聞きましたよ。
虫害もひどく、ハワイでは環境の問題から農薬や天敵の虫を放すことも出来ず、このまま行けば今後もっと悪化するらしいです。
品質はどんどん落ちているのに、価格のみ高騰してるとか。
この事実を知ったらこんな豆誰も買わないよ!って現地を見てきたバイヤーが、言ってました。
もうハワイコナの先は短いかもしれないですね。

アフリカ豆は好みの問題でしょうけど、これぞ!と思える豆にまだ出会えてないです。

No title

樽買いスゴイ!!
ウチもブルマンかハワイ・コナあたりを仕入れようかな~と
思っていたのですがビビッてやめちゃいました(笑)

Re: シロネコさんへ

いつかブルマン樽買い♪
お互い目指しましょうね(b´∀`)
私も負けませんよ(笑)

なるほど〜

どうもです!

なるほど、ハワイコナの零細化にはそういう事情があったんですね〜。
なんか品質も下がっているとか聞いていたんで・・1年以上前に1kgだけ生豆を買ったことがあったんですが、結構こってり系の豆だった気がします。
有機品もあったと思いましたが、将来は厳しそうですね。

アフリカで有機品はなかなか難しいかもしれませんね。
個人的にはイエメン、エチオピア、キリマンジャロ、ケニヤあたりは好みです。
うちは、モカはなんとなくですけど水洗式を使わないので、たまにイベントものなんかでは、ルワンダとかブルンジを使います。
モカも水洗式にしたら扱い楽なんですけどねぇ・・わかっているんですけど、なぜかナチュラルを使ってしまうんです(笑)

Re: 珈琲国王(GreenP's)さんへ

中南米以外の豆ももっと扱いたいのに、
気に入る豆はほとんど中南米で、
気づいたら扱い商品の大半が中南米になってしまいました(* ̄∀ ̄)ゞエヘヘ
あまり好みが偏ってはいけないと思っているんですけどね・・・
どうしても自分が気に入らないものは並べることが出来なくて。
もっと広く、でも自分の好みにも合う豆探しを頑張りたいです。
オンライン・ショップ
プラグイン用ロゴ1

プラグイン用ロゴ2
ようこそ招き猫家へ♥
★自由気ままに更新中★
にゃんこブログと〜
珈琲ブログが〜
コラボでブラボ〜(●ↀωↀ●)✧
招き猫家の店員紹介
Facebook
♡いいね!ってポチしてね♪
テレビ出演しちゃったよ♡
(注:音声付き)
CBCテレビ 「イッポウ」にて
2013.10.23放送♪

メ〜テレ「UP!」にて★一瞬よ!
2014.01.28放送♪
ブログランキングに参加中
ポチ ポチ ポチっ♪
ってしてくれたら嬉しいな♡

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
Twitter
ドリップバッグを手作り !?
なんと美味しいドリップバッグが自分でも出来ちゃうよ♪

1.招き猫家のコーヒー挽き豆10g
2.招き猫家のドリップバッグ空袋
3.別売のクリップシーラー
♡動物保護活動を応援♡
★ねこ保護活動応援ブログ用
★★動物保護団体へジャンプ
描いてもらっちゃった♬
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。