スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲豆から発生するガス①

先日、賞味期限を調べるために、
挽き豆30gを密封した袋がこんな事に!
挽き豆の賞味期限を調べる①

膨れた袋

これは、焙煎豆から炭酸ガスが放出されるためです。
焙煎後しばらくは大量の炭酸ガスを放出するのです。

でも、ここまでとは思いませんでした・・・


袋の膨らみは、焙煎したばかりの新鮮な豆であることの証です。
珈琲の香りも、この炭酸ガスとともに出てきます。
だからむやみにガス抜きをするのもためらいます。


しかし、このままでは商品として発送するには破裂の危険が!
店頭でお渡しするのであれば問題ないのですが・・・


「プ〜ぅ」←チョコマネージャー

チョコ20120803

コラーーっ!!!
そんなガスもっとイランわー!!!!(怒)
(お見苦しい写真を・・・スミマセン)



このガス抜き対策は色々あります。
たとえば、
アロマブレスパック
 「アロマブレスパック」
 特殊なシール加工を施すことで、
 珈琲豆が発する炭酸ガスを袋の外に
 放出する機能をもったコーヒー袋。


エージレス 脱酸素剤「エージレス」
 酸素と焙煎珈琲豆から出る炭酸ガス
 同時に吸収する複合機能タイプ。
 酸化によるコーヒーの劣化も防ぐ。


ガス抜きバルブ
 「ガス抜きバルブ」
 袋にバルブを取り付けることで、
 炭酸ガスを袋外に放出し、外気の侵入を防ぐ。
 また、コーヒーの劣化の原因である空気中の酸素を浸透させないため、
 袋内を常に脱気状態にして豆の鮮度を長く保つ働きをする。



他にも、「ガス抜きシール」といって、袋に針で穴を開け、
その上から貼るタイプのものなどなど・・・


炭酸ガスの問題は、これらガス抜きによって解決です。
しかし、香りの問題が残ります。


挽き豆は挽いた時点で相当量の香りが抜けてしまいます。
袋詰めされた後もガス抜きによって、少しずつ抜けていきます。
手元に届く頃には半分以下になっているのではないでしょうか?


正直なところ、豆の状態で購入していただきたいです。


本当に美味しい珈琲を飲みたいと考えるのであれば、
安価なモノでもイイので「コーヒーミル」を手に入れ、
淹れる直前に挽いていただきたいです・・・

2,000〜3,000円の「コーヒーミル」もあります。


挽き豆の場合、この最高の香りを、
お客様ではなく、私が楽しんでしまうことになるのです。

 ≫珈琲豆から発生するガス②

コメントの投稿

非公開コメント

オンライン・ショップ
プラグイン用ロゴ1

プラグイン用ロゴ2
ようこそ招き猫家へ♥
★自由気ままに更新中★
にゃんこブログと〜
珈琲ブログが〜
コラボでブラボ〜(●ↀωↀ●)✧
招き猫家の店員紹介
Facebook
♡いいね!ってポチしてね♪
テレビ出演しちゃったよ♡
(注:音声付き)
CBCテレビ 「イッポウ」にて
2013.10.23放送♪

メ〜テレ「UP!」にて★一瞬よ!
2014.01.28放送♪
ブログランキングに参加中
ポチ ポチ ポチっ♪
ってしてくれたら嬉しいな♡

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
Twitter
ドリップバッグを手作り !?
なんと美味しいドリップバッグが自分でも出来ちゃうよ♪

1.招き猫家のコーヒー挽き豆10g
2.招き猫家のドリップバッグ空袋
3.別売のクリップシーラー
♡動物保護活動を応援♡
★ねこ保護活動応援ブログ用
★★動物保護団体へジャンプ
描いてもらっちゃった♬
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。