スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲袋決定しました

珈琲を入れる袋を決めました。


これです。

アロマブレスバック

 「アロマブレスパック」

 特殊なシール加工を施すことで、
 珈琲豆が発する炭酸ガスを袋の外に
 放出する機能をもったコーヒー袋。

 以前にも記事にしました。→これ




以前、送料の安いレターパックで送ることのできる珈琲袋に注目していました。
(その記事は→これ
しかし、今夏の猛暑日が続く中、考えが変わりました。


珈琲は25℃を超えると劣化が劇的に進むのです。
レターパックは郵便受けに投函されます。
今夏のような猛暑日に郵便受けに何時間も放置されることを想像したら、
とてもこの方法は選べないな!と思ったのです。

気温だけじゃないです。
珈琲は湿気も嫌います。
雨の日の投函を想像したら、
やはり、これはやめた方がよさそうです。


チョコ20120821

「確かにスゴク暑いニャ〜」←チョコマネージャー



レターパックが却下なら、
すべて通常の小包での発送になります。


ならば、見た目にも可愛いマチ付きで、
どうせなら、開封後の開閉に便利なチャック付きの袋。
そして珈琲豆が発する炭酸ガス対策のある袋。


ということで、この「アロマブレスパック」に決定しました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

.: *:・(● ゚∀ ゚●) ヘー.: *:・
そんなすごい機能持ったパックがあるんですね!
これなら暑さにやられる心配もないっすね★
冷たいのにも耐えられるんですかね?(*^_^*)
しかしこの残暑いつまで続くんでしょうかね・・・(;´Д`)

Re: non☆(@'ω'@)たん さんへ

珈琲袋にはほんと色々な種類があって迷いましたが、
見た目、機能を兼ねそろえたこれに決定です。
チャックを開けると口が大きく開くので
コーヒースプーンを入れておくことも出来るから便利だと思うわ。

珈琲は低温には大丈夫ですよ。
通常、焙煎豆の保存は常温で大丈夫だけど
25℃を超える日には、冷蔵保存がいいと思います。
どうしても飲みきれず豆を長期保存する場合、
冷凍することもありますよ。

あぁ、秋が待ち遠しいですね・・・(´^`;)
オンライン・ショップ
プラグイン用ロゴ1

プラグイン用ロゴ2
ようこそ招き猫家へ♥
★自由気ままに更新中★
にゃんこブログと〜
珈琲ブログが〜
コラボでブラボ〜(●ↀωↀ●)✧
招き猫家の店員紹介
Facebook
♡いいね!ってポチしてね♪
テレビ出演しちゃったよ♡
(注:音声付き)
CBCテレビ 「イッポウ」にて
2013.10.23放送♪

メ〜テレ「UP!」にて★一瞬よ!
2014.01.28放送♪
ブログランキングに参加中
ポチ ポチ ポチっ♪
ってしてくれたら嬉しいな♡

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
Twitter
ドリップバッグを手作り !?
なんと美味しいドリップバッグが自分でも出来ちゃうよ♪

1.招き猫家のコーヒー挽き豆10g
2.招き猫家のドリップバッグ空袋
3.別売のクリップシーラー
♡動物保護活動を応援♡
★ねこ保護活動応援ブログ用
★★動物保護団体へジャンプ
描いてもらっちゃった♬
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。